水質安全と基準満たす施工

茨城県の水道修理業者

賃貸マンションで便器にスマホを落として詰まらせてしまったら

賃貸マンションの便器にスマートフォンが詰まってしまった場合、以下の手順を試してみることができます。

1:水を流さない: スマートフォンが便器内にある場合、まずは水を流さずに便器内の水位を上げないようにします。水を流すとスマートフォンが更に詰まる可能性があるため、水流を止めましょう。
2:水を抜く: 便器内の水を手動で抜く方法として、ゴム手袋を着用し、バケツやポットを使って水を少しずつ取り除きます。慎重に作業し、水が溢れないように注意してください。
3:スマートフォンの回収: 水を抜いた後、便器内に入ってしまったスマートフォンを取り出すために、長い柄のついた道具(例:ワイヤーコートハンガー)を使って、スマートフォンを引き上げることを試みます。柄がある道具を使うことで、手を便器内に入れる必要がなくなります。
4:水道業者への連絡: スマートフォンが便器内に取り出せない場合や、排水管まで詰まってしまった場合は、プロの配管業者に連絡し、便器の詰まり解消を依頼しましょう。彼らは適切な道具や技術を使ってスマートフォンを取り出し、排水管をクリアすることができます。

重要なポイントは、素人が無理に便器を分解したり、詰まりを解消しようとせずに水道業者の助けを借りることです。適切な知識と道具を持った水道業者が、効果的で安全な対処法を提供してくれるでしょう。また、トイレや排水のメンテナンスには慎重な使用と定期的な清掃を心掛けることも重要です。

水道局指定業者と非指定業者の違いについて

公共水道配管と直結している各家庭に供給される(水道メーターより公道側)給水管が不適切な構造や材質で修理されると安全な水が供給されなくなり公衆衛生上で大きなダメージが出てしまいます。そのため、各家庭に供給される前の水トラブルが起きたときに水道法施行令に定められた基準に合う水道工事ができる業者として各地域で指定された業者のことを指します。故に、水道局指定業者とは、法律・法令に定められた基準で適切に施工ができると認められた業者のことを指し、給水設備と排水設備が個別であり認定された工事のみ施工ができることになります。
ただし、明確に水道局が「水道局指定業者の施工料金について保証していない!」と公示していますのでご注意下さい。
(重要) 水道メーターからの建物や敷地内の水漏れ・詰まりなどの水道修理については、水道局指定業者以外でも水道修理に対応可能です。
水道修理ができない水道業者もいる
認定を受けるためには要件があり水道業者の知名度や規模は関係ありません。スマホ検索をして上位表示されていたり、マグネットなどポスティングで。水道局指定業者と記載されていても施工料金が高額請求されるケースもありますので十分にご注意下さい。
例えば老朽化した水道管の水漏れトラブル修理で、給水管の交換が必要になった場合に水道局の指定業者でなければ対応できないかと言えば合法なのです。本来、水道局指定業者と非指定業者を明確に区別するとしたら、水道メーターより手前の公道側の施工ができるかできないかだけなのです。すなわち、一般家庭の水漏れ・詰まりなどの水道修理は、非指定業者でも水道修理ができることになります。


全国対応地域マップ